ラグビー2021から

チャリティーマッチ、トンガトンガを見て

ラグビーで日本代表候補Vトンガ・サムライフィフティーンの試合を視聴。
トンガ語で見てみたが、想像を超えてマッタリの解説に親近感しか生まれなかった。
試合はどちらのチームもブレイクダウンの荒れ狂う試合。まさにトンガの試合。
うん。まさにトンガ。

それとボールキープの能力がないのはトンガTHEトンガなのでいいとして、
フィジカルがトンガレベルじゃなかったのが少し残念。
ただ数分に何回か出るアタックはトンガトンガトンガって感じ。

ホラニ龍コリニアシFWコーチがたまに出ていたけど
彼が出るのもありなのではないかと思ったぐらい強そう。
彼はボストンガって感じだ。

ハーフタイムのスタッツは、スタッツで見る限りいい試合だが
ハンドリングエラーが前半で10回も起こる試合もどうかと思うが、見ていて面白い雰囲気だった。
10回に対してスクラムが8回。
見る限りハンドリングエラー解消の幅が知りたい。

ラインアウトも13回。
これはFWのゲームの組み立て大変ねと思う。
ちょっと気になる点多かったが、まぁこれからか
そういえば、幅を知りたいと言えばスクラムも4分の4とあるが
動画を見ている限りだと確実に勝ち負けあったような気がしたが、まあええか

後半に入って日本は落ち着いてゲームを始めて、何も怖い部分無し。
最初に竹山くんがトライ。この一連を見てしまうと、トンガトンガがトンカトンカぐらいのレベルにしか見えなくて。もう後半4分で辛い・・・

という訳で、
どういう訳で?

気になった点だけ書いていこう
チャリティーマッチということで
日本側だけ厳しめに書いてみた

・ラインアウトの精度の低さ、駆け引きの低さ
・ゴール前のTOチャンスに仕掛けないスクラム
・ゴール前でFWに簡単にトライ(2回はノートライ
・アウトサイドからのサポート
・寝方
・ブレイクダウンスキル

トンガの試合どんなんだっけかなと思い出すために、フランスでやって2017年のオータムツアーの試合を見直してみた。
試合的にはテストマッチぽくて今日のチャリティーマッチとは全然違ったが、
確かにセレクションがかかる試合ならFWは特にテストマッチレベルが見たかったかも。まぁええか。

特にミス後の笑顔には、少し、OBとして、残念。
と、相変わらず愚痴になるのでここらへんで

-ラグビー2021から