飲酒の気になるところをお伝えしいます。
飲酒が原因で肥満や肌荒れ、むくみなどの健康トラブルがおこる人は少なくありません。
しかし!お酒が好きな人や飲酒することでストレス解消している人からすると、全く飲まないのは逆にストレスが溜まってしまいますよね。 私はそうです(笑)

前述の理由から「お酒の飲み過ぎは良くないけど、お酒をやめるとストレスが溜まってしまう。 そのため、できれば身体に良いお酒を適量嗜むようにしたい。」
なんて考えている人は多いのではないかな?_
そんな方には、糖質が低く、健康に良いとされるウイスキーがおすすめです。  
今回はウイスキーが身体に良い理由や期待される美容効果、おすすめの飲み方についてご紹介します。

ウイスキーはポリフェノールが豊富

ウイスキーには、ポリフェノールが沢山含まれています。
ポリフェノールは赤ワインなどがイメージで強いと思いますが、ウイスキーは樽に入れているので樽から直接ポリフェノールを抽出するので、その量は、ポリフェノールが沢山含まれていることで有名な赤ワインを超えてしまうほどなのvです。
ちなみにポリフェノールとは、植物が光合成をする際にできる苦みや色素の成分のことを指し、摂取すると動脈硬化や脳梗塞を防ぐと言われている優れものです。
また、ウイスキーの中にはポリフェノールの中でも特に強い抗酸化作用(有害な物質を無害にする作用)があると言われていまして、エラグ酸も豊富に含まれていますよ!
エラグ酸というのは、アンチエイジング効果や抗菌効果、抗ウイルス効果もあるとされているものなのですよ!

ウイスキーはシミやソバカスを抑制する
飲むと、シミやソバカスの予防も期待できるって知っていましたか?
そんな作用がある可能性がウイスキーにはあるのです。
ウイスキーには、シミやソバカスの原因となる酵素「チロシナーゼ」の働きを抑制するリオニレシノールも含まれていますのでシミやソバカスの予防も期待できるのですよ!

低糖質だからダイエット中でも安心 
ビールや甘い缶チューハイは実は糖質が沢山含まれています!そのため、飲むと太ること確実なんでお気をつけください!「まぁ、だからと言ってやめられないのですが・・・・・」
しかしウイスキーというのは蒸留や濾過を繰り返しているため、そういった物質が取り除かれ、糖質がほとんど含まれていないのです!

そのため、ダイエット中の人でも比較的安心して飲めます。
ただ糖質がほとんど含まれていないとはいえ、
カロリーは100グラムあたり約237㎉とやや高めです。
他のお酒で比べると高く感じるのですが、ウイスキー100gなら、ハイボールにしたら3.5杯は飲めるので、ビールの100gとは全然違います。

同じ100gでもウイスキーとビールでは全然飲んだ感じが違うので、比べるには難しいです!
ダイエットしながら飲酒を楽しみたい方は、
もちろん飲み過ぎに注意し、おつまみには野菜や魚、鶏胸肉などのヘルシーな食べ物を摂取することを心がけたら、ダイエッターのウイスキーは最高の友になります。

香りにはリラックス効果がある 
ウイスキーはオークやミズナラでつくった樽で長時間熟成させるため、
香りを嗅ぐとリラックス効果やストレス抑制効果があると言われています。
青島均著の「嗜好品の香りと健康 -香りで健康に過ごそう-」によると、ウイスキーはラベンダーと同程度のリラックス効果を発揮したことが明らかになっているのですよ。

ウイスキーは毎日どれくらい飲んで良いの?

ウイスキーの適切な飲酒量は体質や体調、年齢によって異なりますが、ストレートで60mlが適量とされています。
特に女性は男性に比べてアルコールの分解速度が遅く、内臓に支障を来しやすいため飲み過ぎには十分注意しましょう。

ウイスキーのおすすめの飲み方

 ハイボール

メーカーズマークで「バーボンソーダ」をつくりました。要はハイボールにオレンジピールを振っただけですが、それだけでも味わいが違います。 特に匂いがとても良いです。オレンジのフレッシュな香りが先にきて、後にはバーボン特有の濃厚な甘味が来る感じですね。飲み終わったあともグラスから香水みたい良い匂いが続いてました。普通のハイボールに飽きた方はぜひ! ================================= Bourbon Soda(バーボン・ソーダ) ———————————————- 1. Bourbon whisky(バーボンウイスキー):30ml 2. Soda(炭酸水):full-up 3. Orange peel(オレンジの皮) ———————————————- BUILD(注ぐ) [1~2] → Aromatize(香りづける)[3] ================================= #カクテル #カクテル部 #お家カクテル #おうちカクテル #飲酒タグラム #お酒好きな人と繋がりたい #homecocktails #cocktailstagram #家飲み #宅飲み #おうち飲み #ウイスキーがお好きでしょ #メーカーズマーク #メーカーズマークハイボール #makersmark #makersmarkbourbon #バーボン #バーボンウイスキー #ウイスキー好きな人と繋がりたい #バーボンソーダ</a></p> <p style=” color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;”><a href=”https://www.instagram.com/zaitakuojisan/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading” style=” color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px;” target=”_blank”> 在宅おじさん(Zaitaku Ojisan)</a>(@zaitakuojisan)がシェアした投稿 – <time style=” font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px;” datetime=”2020-10-12T09:42:34+00:00″>2020年10月月12日午前2時42分PDT</time></p></div></blockquote> <script async src=”//www.instagram.com/embed.js”></script>

ハイボールは氷を入れたグラスに、ウイスキーと炭酸水を入れた飲み方です。
アルコール度数が低いため、お酒に弱い人でも飲みやすいのが魅力。
炭酸水でおなかが膨れるため、満腹感を高めて飲み過ぎや食べ過ぎを防いでくれます。
ハイボールにおすすめの銘柄として、「メーカーズマーク」があげられます。
メーカーズマークは、アメリカにあるメーカーズマーク蒸留所が生産するバーボンウイスキーです。 
やわらかい口当たりと、はちみつやバニラアイスのような甘みが特徴なため、甘くないお酒が苦手な人でも美味しくいただけます。

ホットウイスキー

 ホットウイスキーは、ウイスキーとお湯を3:1で割った飲み方です。
温かい飲み物には、むくみ解消や血行促進効果が期待があるとされています。
トッピングでビタミンC豊富なレモンを添えると、風邪予防効果や美肌効果も期待できます。
ホットウイスキーにおすすめの銘柄として、富士山麓があげられます。
富士山麓は富士御殿場蒸留所が生産する日本ウイスキーです。
香りが強く、お湯で割っても洋梨や柑橘類を思わせる芳醇な香りが楽しめます。

まとめ 

一般的にお酒は健康に良くないものとされています。
特にビールや缶チューハイは糖質が高く太りやすいため、美容の大敵です。
今回は、身体に良く美容効果が期待できるお酒ウイスキーの効用や美容効果、おすすめの飲み方についてご紹介しました。
ウイスキーはポリフェノールが豊富に含まれているため、美白効果やアンチエイジング効果、抗菌効果などがあると言われています。
また、糖質がほとんどないため、ダイエットをしている人でも安心して飲めます。
さらに、ウイスキーの香りにはリラックス効果があるため、香りをかぐとストレス抑制につながります。
しかし、健康や美容に良い成分が含まれているとはいえ、飲み過ぎは禁物です。 
そのため、1日あたりの適量を守りつつ、飲酒を楽しむのが重要です。