何らかの形でウイスキーとラグビーを繋げて企画をしたいと思い、ウイスキーの雑誌にまあ真面目半分、遊び半分で企画を持ち込み、ご友人の力もあって今回の企画が通ることができた。

これも皆様のお力のお陰である。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Whisky Galore (ウイスキーガロア) 2019年 08月号 [雑誌]
価格:1296円(税込、送料無料) (2019/7/15時点)

ワールドカップに出るそれぞれ国のラグビースタイルとはどういうものなのか。そういったことも聞きながら、そのウイスキーを選んでいく。

私はラグビーのスタイルやチームカラーを選定の理由付けにして、代表はその国のウイスキーを選ぶ理由にしていた。

個人的には上手くできたの思ったのだが、どうだろうか

バランとニュージーなんて、ボトルの品格、内容など、宣伝抜きに合ってるのではないかと個人的には思っている。

是非読んでもらいたい。

それにしても25本近いボトルを1つ1つ飲みながらの対談だから、合計20杯くらい飲んだことになる。

その後、5時半に撮影のために恵比寿の「エピローグ」に移り、そこでも3~4杯ほどを飲む…。

それはそれは、思った以上の作業だった。今度はワールドカップではなく、シックスネーションズなどの少数対抗戦などにしたい。または、選手を酒に例えて書くのも面白い。

54it