ダニーデンという町は小さいながら綺麗な町でした。

駅もとても綺麗で、ルネッサンス様式でしょうか?こんな綺麗な駅と駅前に、中国人観光客と一緒に沢山シャッター切ってしまいます。

ここは町の中心でオクタゴンと呼ばれるところ。

そしてフライデーナイトはナイトクラブが犇めく所。しかし田舎。
若者に比較してクラブの絶対数が足りないので、この中心地域は夜カオスになります。

いや、カオスというか
nzの田舎によくある風景になります。

それにしてもここはスコットランドちっくで目を奪われる街並み。

それもそのはず
1830年あたりにスコットランドからの移民によって出来たダニーデン。
ダニーデンはゲール語でエジンバラというので分かりやすい。

オクタゴンにはスコットランドの大詩人、ロバートバーンズの像もありますし、barではハギスを注文できますし、やはり文化。

もちろんウイスキー文化もありまして、もちろん歴史的な1890年もののウイスキーを手に入れたのに、、、、、

手に入ったのに。。。。泣

この話は後日。。。。。

そんなダニーデン。
散歩して気付いたのですが、とってもアートな町でした。

町中には壁画が多い多い。
それだけで無駄に散歩したくなる所です。

こんな感じで家やカフェや駐車場の壁には自然と絵があります。見ちゃう。

しかもクオリティー高め!

お洒落ですよね。

。。。。。

個人的にはこれもアートだと思ってます。

はい。美しい

ちがうか?

ぢゃ、これは?

キモいだけか(笑)

ぢや、これは?

アートです。

すいません。

ただ思いで写真を消す前に使いたかっただけです(笑)特におもろいことありません(笑)

以上!54it