真壁伸弥の『まかさんぽ』

ラガーマンのウイスキーと散歩のブログvol.2

Read Article

Subscribe / Share

詰めているのは感動です

先日の話になるのですが ハッピードリンクショップで賑わう山梨県にて試合をしてきました。 毎年ここに来ると海外旅行に来た気分になれるので 試合前に散歩するのは山梨での決まりです。 なかなかグローバルな町に 感銘をただただ受けます。 是非ジョージスミスやギタウを連れて行きたいです。 何処まで違いがあるのか いってみてのお楽しみです。 そして次はリゾート 山梨も十分魅力的ですが やはりリゾート地というのは必須です どれだけ癒されるのか。。。。 想像しただけでも恐ろしい 後ものすごくソソられた 来月のために行っとこうかと思われた。 フランスは、、、 そして新宿 二つともジャパンの合宿地であり ひとつで二つ堪能できるなんて素晴らしい 来月の召集は山梨で決まりなのではないか? ごめんなさいね。 ただ山梨にはフランスに負けない 素晴らしいワインが作られております。 すいません、話が大きく舵を取ります というのも 山梨に来た理由というのは ここ モンデワインとマルスワインの工場見学です。 。。。。。。 ごめんなさい。。。。。。。 ちゃんとした理由は試合です、決してこちらがメインではありません。見学はついでです。。。。 モンデもマルスも美味しいワインで知られています モンデワインは音響でワインを熟成させる音響熟成でワインに丸味をつくる技術があるそうです 驚きますよね! ウイスキーにもありますが 音が味に変化を付けるというのは興味深い 実際変化はあるそうで 海底熟成のように、よく思い付いたなと感心します。 ワインにはビン熟というのがあるので分からなくもないですが、不思議だ。。。 そして マルスワイン マルスはウイスキーを勉強してれば必ず知ることになります。マルスウイスキーというのが存在し、これはワイン工場と同じ本坊酒造さんが手掛けています。 本坊酒造さんは昨年鹿児島に新しく津貫蒸留所を開始しました。長野にも工場は存在し、そこのマルスといえば岩井喜一郎さんが有名です。彼はマッサンを見てれば知ってると思いますが、日本ウイスキーの歴史の中でも素晴らしい醸造技術者です。 そんな本坊酒造が作るワインが不味いわけがないので、先ずは行きますよね。 と、そゆことで 見学だけしに来ました。試合前なので試飲はしませんが、よき勉強になりました。 山梨万歳。これからも山梨での試合待ってます。 さて、最後についでのように書きますが 昨日の試合でトップリーグ100試合出場となりました。 TwitterやInstagramでもう気持ちを書いたので ここでは告知のみで でも69人目ですって、69ですよ69 私らしい(゚ー゚*)




。。。。。。。



ロックです! これからも頑張りますので宜しくお願いします。 ロックのパートナーと(゚ー゚*) 是非今後もトップリーグ頑張りますので 協会さん、是非遠征場所は蒸留所や畑、ワイナリーがある場所でよろしくお願い致します。
URL :
TRACKBACK URL :

コメントを書き込む

  • Comments ( 4 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 昨日の試合、途中交代後にアイシングしている痛々しい姿が度々テレビカメラに捕らえられていましたが、大丈夫だったんでしょうか?中鶴選手も痛そうだったし…お二人とも心配です。

  2. 「69」人目ってすごい!!
    ミラクルですね\(^o^)/

  3. 100試合おめでとうございます!!

    69!?あ〜、さすがウイスキーだから!
    なんて思っていたら、ポジションのロックでしたね!!
    (^ ^)

  4. パリを散歩してたらフランス行きの辞令来た!闘う営業マンの休息は短い!武運長久を祈ります。

コメントをくーださい

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。