ニュージーランドで
特に思い入れが強いハミルトンで試合ができたことは

大変嬉しかった。

10年前住んでいたときと
ワールドカップできたときと
現地の風、匂い、雰囲気が変わっていなかったのが嬉しかった。

現地バスの運転手が言うには
ここ数年で街は変わりつつあるらしいが

。。。。。

特に何が変わったのか分からない。

edf

このワイカトドラフトの味もラベルも

なにも変わってない

とにかく街もビールも田舎くさい
いい街だ

今回の訪問で
個人的に嬉しかったのは
ワイカトリバーの風景が、まんまだったこと

edf

私のこの街での一番好きなところは
逞しい存在感を放つこの川なんですよ

今も昔もいい表情してます。

この川沿いのサイクリングロードから見える景色が最高で

当時の僕は練習場のあるグランドまでこの川沿いを40分ぐらいかけて6キロほど走って毎日通ってました。

ほんと、、、

走りたいと思わせる景色
好きだなー

ただ

正確に言うと

うん

当時は孤独だったし
車もありませんでしたし
自転車すらない状態でしたので

もう練習場のクラブチームのグランドまで
走らざるをおえなかったと言うのが正解なところか。。。。

過酷な訓練だったな

あの頃は若かった。。。。。

今も若いが。。。。。

もうできる気がしない

いや、出来る!(笑)

しかし、

久しぶりにワイカトリバーを見てしまうと若い頃の性欲。。。。ではなくて
意欲がモンモンと出てきましたので、無性に走りたくなってしまいました。

私は若い

久々にランニングだ!と、
シューズオンでホテル飛び出します。

が、

出発早々

バシッっと

通行止め。。。。

edf

想定外

早くもグランドに行くための
私が知っている唯一の道を閉ざしてまいりました。。。。

出鼻を挫かれる思いとはなんなるや

しかし、ワイカトリバーだけでも堪能しようと、反対方向に舵を切って再スタートを試みます

鯉の一跳ね

edf

バギッと心を折られます。

どうやらバスの運転手が言っていたことは事実らしく
ワイカトリバーサイドの道は都市開発のために通行止めになってるようです。

おぅふ。。。。

とりあえず泣いときますね

しかし変わるということは良いことで、
開発が終わればきっと素晴らしい街が生まれるので、それはそれで楽しみです。

工事が終わって
新鮮な気持ちで走れる日を楽しみに
また来ようと思えました。

 

そして変わると言えば

 

10年ぶりに、当時孤独で死にそうになっていた私に、家族のような暖かい時間をくれた
英語の先生のファミリーと再会しました。

CollageMaker_20170430_144424006

上が10年まえ
流石に10年も立つと
みんな大きくなった(笑)

でかくなった。

ラグビーを通じて出会った人たちと、またラグビーで出会うのって、すごく嬉しい

ニュージーランド遠征ではいろんな人たちと出会えて、飲めて
ラグビーって、いや、スポーツってエエなぁと再確認。

変わることと変わらないことと、
さて、次にここに来るのは何年後かな
54it