ヒースロー空港に着いた。

image

約12時間のフライトも
ビジネスクラスで助かりました。

JALさん流石

JALさん、き出発前にセレモニーをばっつしやっていただいて、ありがとうございます
出発感がありました。
いざゆかん!!てな。。。

ですが
やはり飛行機というのは酷
フィニッシュは身体バッチバチである。

そんな身体でも
機内ではブログを書くぐらいの余裕があり

とりあえず空港に着いたら、いつも通り空港に売っているSIMカードを購入して
インターネットを繋げ、アップしようと考えていたのですが。。。

まさかの。。。

飛行機からそのままバスに拉致られホテルへ。。。という始末。。。

通常これをVIP待遇と言うらしいです。

しかし
SIMカードが買えないと分かった途端
私の絶望具合はお分かりだろうか

現代っ子であり
スマホ人間である私は

絶大である。

改めて己の器の容量の小ささを
知ることができた。

ありがとう

ワールドカップ使用のバスに乗車し
ワンクッション、連れてこられたのは滑走路にあるVIPラウンジ

image

目の前で飛行機が飛び立つ圧巻な風景よりも

ラウンジからそのまま税関を抜けれる便利さよりも

SIM自動販売機が商品を出してくれる感動とインターネットの便利さを求めている私

くどい様だがそんな小瓶の様な性格

嫌いじゃない。

さて、そこから更に二時間かけてブリストルの街に行きます

もう、死にそうです。
とにかく寝ることが第一な気がしてきました。

とりわけ

おやすみなさい

image