Read Article
ラグビーの日本代表です2019年のW杯を目指します。
所属先のサントリーサンゴリアスです。太陽の巨人を意味しています。
スーパーリーグサンウルブズに所属しています。世界で戦います。
あまり知られていないウイスキーの世界について綴ります

v クルセイダーズ 負 応援ありがとうございました。

v クルセイダーズ 負 応援ありがとうございました。

vクルセイダーズ結果 負け
日本からも応援ありがとうございました。
また会場にお越し頂き声援を送って下さった皆様
本当にありがとうございましたm(__)m
応援が力になります。

対戦相手のクルセイダーズはうまく、強く
自分たちがやろうとしていた事はほぼできませんでした。

見るとやるとでは全然で、個人ミスも多く。
やはり違うということですね。

こういった圧力を実際に身で感じられた経験を
今後にしっかり繋がなければと思います。
頑張ります。

そして昨日は休みをいただいたので
一人ぶらぶら散歩。

目的はここ

旧AMIスタジアム・ジェイドスタジアム


昔はここで試合をしたいなと思ったものです。

今回行なったスタジアムも、グロスターの様で好きだったのですが
やはりここですよね。
ワールドカップでの試合を見たかったなーって思いますよ。

そこから
街に向かって歩いて行くと
街には震災の爪痕が多く、自然と故郷を思い出します。
どこでもそうだと思いますが、
やはり復興には多くの時間等が必要なんだなと感じますね。

シティーセンターに「リスタート」というコンテナを使った仮設商店街を見ました。
コンテナの色もカラフルで、ここにはとてもポジティブな空気があり
結構居座ってしまいましたね。

ReSTART モール


またその近くに、震災を知る施設もありました。
震災で生活がどうなっていったかなど、知ることができます。



そして、そこから少し歩くと「185chairs」という
震災で亡くなられた185人分の追悼の椅子が並んだ
独特の雰囲気を感じられる場所に出ます

追悼のボードには亡くなった方々の名前が書かれてあり
中には19歳や20歳の日本人の方や
この写真にあるように
小さな命も失われたと思うと目頭が熱くなります。



その前には仮設の大聖堂がありました。
カードボード大聖堂と書かれており、紙でできている大聖堂だそうです。
設計は日本人らしく、これもまた雰囲気がありました。
この椅子は大聖堂に向かって並べられているのでしょうか。

この街を散歩できてよかったですね。
故郷とダブるという言い方をしたらそれはおかしいかもしれませんが
試合の時には街のこのような現実は全く思うところなかったです。

スポーツが復興の力になっているだろうと
少し試合と散歩で感じられました。
これからもこの街はラグビーを愛して行くだろうし、
復興のモチベーションになると思う。

あと数日間この街で練習できるので
次のハイランダーズ戦に向けていい準備していこうと思います。
54it

夜、悪い奴が差し入れに来てくれた・・・・・・・
多いよバカw

URL :
TRACKBACK URL :

コメントを書き込む

  • Comments ( 4 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. お疲れ様でした!差し入れの方が、誰かすぐわかる件
    ( ̄▽ ̄)笑

  2. お疲れ様でした。見ていても、ここまでとは・・・と驚きました。
    でも、これを経験するためのSR参戦ですよね。
    ただ、モールへの対応については、英語の解説も「すばらしい、これまでクルセーダーズのモールは圧倒的だったのに!」と賞賛していました。

  3. お疲れさまでした。芝がすごいコンディションでしたね。田んぼかと思ったよ。
    まだまだ続きます!ご活躍をお祈りしていますよ。

    ところで、↑のまかさんぽがアップされた16日は、イースター。
    キリストの復活祭です。
    この日は、故人を偲んで祈りを捧げる日でもありますので、このような日にお写真アップしてくださって、ありがとうございます。

  4. 久々の試合でしたね~しかもあの水溜まり⁉お疲れ様です❗遠征まだまだ続きますね❗応援も続きます
    写真も楽しみにしてます。

    白いベビーチェアーには胸がつまりました…

    忘れないです。

コメントを書き込む

*

フェイスブックにもコメントを書き込む

Return Top